FC2ブログ

朽ちていくもの...

2015年09月13日
0
0
北海道風景
幻の橋「タウシュベツ橋梁」の旅も終わりに近づいて来た。

この間様々なことを考え( というか考えさせられ)、
これからの自分の写真のテーマや生き方に少しだけ・・・
色を添えてくれたような気がする。

何基もの橋梁がかかる旧国鉄士幌線跡を最後に歩いて見た。

旧国鉄士幌線は帯広~十勝三叉での全長78.3KM。
当時は、旅客列車と共に、木材を積んだ貨物列車が多く行き来していた。
国道はまだ整備されていなく、鉄道が唯一の交通手段だったのだろう。

時を経て、バスが整備され町の過疎化も進み廃線に至ったようだ。
さらに興味深いのは1954年の洞爺丸台風による倒木処理も関係しているようだ。
(興味のある方は調べてみて下さい。)

そして廃線から35年・・・
しかしプラットホームと線路は昔のままとなっていた。
幌加駅前は住宅地や商店街で賑わっていたらしい。

今は笹藪と木々が生い茂るばかり。。。
しかしここに立ち、眼をつぶってみると・・・
不思議な感情がわき起こってきた。

かたちあるものは皆崩れ、やがて朽ちて自然に帰ってゆく。
その過程をほんの少し見られたことで、この旅は無駄ではなかったと思う。


DSC_1046.jpg
( 幌加駅、プラットホーム)





DSC_1043.jpg
( この線路跡地を北へ進むと、第五音更川橋梁にたどり着くことがわかった)



DSC_1060.jpg
( 第五音更川橋梁跡 この上は崩れる可能性ありで、立ち入り禁止) 


DSC_1056_201509131907289ef.jpg
( 第五音更川橋梁 )



今日も読んで頂き、有り難うございました。
 ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
YOKOの森
Posted by YOKOの森
Author: YOKOの森

はじめまして。
自宅で子ども向けの
小さな英語教室をしています。
夢はSimple life です。★

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply