思いつくままに・・・

写真生活を楽しみながら、日々思いついたことを自由気ままに綴っています。

忘れられない絵本..

今日は朝から雨です。

もう6月も終わりというのに、北海道はさっぱり夏らしい日がありません。
雨の日はなんとなく心が憂鬱で暗くなりますね。

それに加えて一昨日の悲しいニュースが拍車をかけているようです。

今は何をどう言っていいのかわかりませんが、
彼女のニュースに触れて、一冊の絵本のことを思い出しました。

それはスーザン・バーレイの「わすれられないおくりもの」という絵本です。
だいぶ前になりますが、近隣の小学校で読み聞かせのボランティアを
していた時・・・

子どもたちに読んだことがありました。
その時の子どもたちは、じっと静かに最後まで聞いてくれた記憶が
あります。

説明もコメントも何もいらない、静かな時間が流れました。

絵本

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
内容を簡単にまとめてみます。

かしこくて誰からも慕われていたアナグマは、
たいへん年をとっていて、死ぬのがそう遠くないことを知っていました。

しかし死ぬのを恐れてはいません。それは、体がなくなっても心は
残ることを知っていたからです。

ただあとに残る友だちのことだけはとても気がかりでした。
ある日、アナグマはモグラとカエルのかけっこを見に丘に行きましたが、
もうみんなと一緒に走るのは無理と思いました。

それでも友だちの楽しそうな様子に、自分も幸せな気持ちになります。


DSC_0311.jpg


そしてある夜・・・・・

「 長いトンネルの 向こうに行くよ さようなら アナグマより 」
という手紙を残し旅立ちます。

森のみんなは、
アナグマをとても愛していたので、悲しまないものはいませんでした。


DSC_0278.jpg


その夜雪が降り、冬が始まりました。
みんなどうしていいか途方にくれてしまいます。
春になって外に出られるようになると・・・

お互いにアナグマの思い出を語り合いました。

そして、モグラもカエルもキツネもウサギも、みんなアナグマが教えてくれたことや
してくれたことを思い出すようになりました。

アナグマは別れた後でも沢山の宝物を残してくれたのです。

そして雪が消えた頃には、
アナグマの残してくれたものの豊かさで、深い悲しみも消えていきました。


DSC_0306_20170625182832915.jpg


少し長くなりました。。
ご興味ある方は是非読んで見て下さい。
わたしが大切にしている絵本の一冊です。。。

どうか家族の皆様がいつか悲しみを乗り越え、
彼女の分まで生きて行って欲しいとお祈りしています。

長い文になりました。
最後まで読んで下さり有り難うございました。

 ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment