思いつくままに・・・

写真生活を楽しみながら、日々思いついたことを自由気ままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆったりとした時間が流れる..

奈良旅の続きは・・・

浄瑠璃寺ですっかり心癒され、帰りのバスの時間まで
当尾の里を少しだけ歩いてみた。。。

ここは、京都府木津川市南東部に位置する
当尾(とうの)の里。

奈良県と県境にある山里だ。
空は抜けるように青く、そこだけがゆっくりとした時間が流れていた。

DSCN0432_20140410152833b1f.jpg

道端には、つり野菜がぶらさげてあり、なんと!
八朔は3個でたったの100円だなんて・・・

DSC_0046.jpg


農家の方が農作業に精を出していた。

ここには日本人が忘れかけているふるさとがある。

しばし歩くと、藪の中に石仏が・・・
「藪の中三仏磨崖像」というらしい。

DSC_0045_20140410155122bb0.jpg


それから、反対側の道を行くと・・・
明るい光に照らされて、「首切地蔵」という石仏が・・・

DSC_0048_2014041015523060b.jpg


年配の男性に「なぜ首切り?」というのか聞かれ、バス停で買った
パンフレットや行く前に調べたことを話した。

そしてさらに山のほうへ入っていくと・・・
小さな鳥居があり・・・

気がつくと誰も人はなく、竹林のさわさわとした音だけが流れていた。

またたくさんの「大門石仏群」。。
不思議な空気をたくさん吸って、本当に心が浄められた気がした。

DSC_0053_20140410155346d88.jpg

DSC_0056.jpg

石仏たちのこれまでの厳しい歴史、そしてこれらの保存に一生懸命
取り組んでいる人たちがいることもわかった。

100円のパンフはせめてもの私のお礼である。

今度はもっとゆっくり、時間をかけてこの地を訪れたい

今日もご訪問下さりありがとうございました。
ランキングに参加しています。良かったら、ポチお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。